おすすめレシピ おすすめレシピ
野菜から選ぶ

ブロッコリーのアンチョビソース

ブロッコリーのアンチョビソース

材料 (4人分)

ブロッコリー・・200~300g
カリフラワー・・200~300g
アンチョビ・・・10枚(1缶分)
焼いたパン粉・・1/2カップ
オリーブ油・・・1/2カップ
ニンニク・・・・1片
レモン汁・・・・大さじ2
塩・・・・・・・少々

作り方

1.ブロッコリー、カリフラワーは小房に分け、熱湯で4~5分塩ゆでし、水気をきって器に盛ってください。
2.厚手鍋にオリーブ油を熱し、アンチョビを加えてつぶしながら炒め、さらにみじん切りにしたニンニクを加えてさらに炒めてください。
3.火を止めてからレモン汁を加えてください。
4.1のブロッコリー・カリフラワーのうえから3のアンチョビソースをまわしかけ、焼いたパン粉を振りかけてお食べください。

ブロッコリーの魔法和え

ブロッコリーの魔法和え

材料 (4人分)

ブロッコリー・・・・1株
白ごま・・・・・・・大さじ4
マヨネーズ・・・・・大さじ4
白味噌・・・・・・・大さじ4
レモン汁・・・・・・大さじ4
くるみ・・・・・・・適宜

このレシピは広島県呉市にお住まいのT加代子さんおすすめのレシピです。ぜひ、お試しください。

作り方

1.ブロッコリーは小分けにし熱湯で2~3分塩ゆでしてください。
2.白ごまを軽く炒り、すり鉢で擦ってください。
3.2にマヨネーズ・白味噌をよく混ぜます。
4.1のブロッコリーを3で和え、クルミを好で加えてください。
この和え衣は、ただマヨネーズで和えるよりグンと食欲がUPします。
いろいろなサラダに応用してみて下さい。

ブロッコリーは塩ゆでではなく、レンジでチン!してもOK!

実だくさんスープ

実だくさんスープ

材料 (4人分)

ブロッコリー・・・1株
トマト・・・・・・3個
マッシュルーム缶(小)
      ・・・・・1缶
ハム・・・・・・・2枚
ホールコーン缶・・1/4缶
ブイヨン・・・・・2個
水・・・・・・・・4カップ

作り方

1.ブロッコリーは小分けにし熱湯で2~3分塩ゆでしてください。
2.ハムは1cm角に切っておいてください。
3.トマトは1個は裏ごしし、残りの2個は2cm角にしてください。
4.鍋に水とブイヨンと裏ごししたトマトを入れ、一煮立ちさせます。煮立ったら、ブロッコリー・マッシュルーム・ハム・コーンを入れ1分ほど煮てください。
5.最後にトマトを入れ軽く一煮して火を止めてください。
ブロッコリーの茎の部分も短冊切りにして一緒に茹でるとよい!
トマトは裏ごしの分は缶詰で代用してもよい。裏ごしが、面倒ならミキサーでピューレ状にすればよい。

ブロッコリーのグラタン

ブロッコリーのグラタン

材料 (4人分)

ブロッコリー・・・・1株
たまねぎ・・・・・・1/2個
鶏ガラスープの素・・小さじ2
牛乳・・・・・・・・2カップ
バター・・・・・・・大さじ2
小麦粉・・・・・・・大さじ2
粉チーズ・・・・・・適宜
塩・こしょう・・・・少々

作り方

1.たまねぎをスライスし、油少々で炒めてください。
2.ブロッコリーは小分けにし熱湯で2~3分塩ゆでしてください。
3.ホワイトソースを作ります。バターと小麦粉を弱火にかけ、プツプツと泡状になるまでかき混ぜます。
4.牛乳と鶏ガラスープを3~4回に分けて加え、鍋底をこすらないように注意して手早くかき混ぜます。
5.バターを塗ったグラタン皿にブロッコリーとたまねぎをのせ、ホワイトソースをかけ、粉チーズをふりかけます。
6.190℃に熱したオーブンで表面に焦げ目が付く程度(15~20分)焼きます。

ブロッコリーの茎と糸こんにゃくでピリ辛炒め

ブロッコリーの茎と糸こんにゃくでピリ辛炒め

材料 (2人分)

ブロッコリーの茎・1株分
糸こんにゃく・・・200g
豚薄切り肉・・・・50g
玉ねぎ・・・・・・1/4個
ピーマン・・・・・1/2個
赤ピーマン・・・・1/2個
にんじん・・・・・1/8本
ニンニク・・・・・1片
【A】
しょうゆ・・・・・大さじ1
砂糖・・・・・・・小さじ1
ごま油・・・・・・小さじ1/2
こしょう・・・・・少々
すりごま・・・・・小さじ1

ごま油(炒め用)・適宜
豆板醤・・・・・・小さじ1/3

作り方

1.ブロッコリーの茎は硬いところを剥いて、千切りにする。
2.糸こんにゃくは食べやすい長さに切り、下茹でしあく抜きをする。
3.他の具材は千切りにする。
4.フライパンにごま油をしき、みじん切りにしたニンニクと豆板醤を炒め、肉、こんにゃく、野菜の順に加えて中火で炒める。
5.火が通ったら【A】をまわしかけ、水分が飛ぶように炒める。
6.お皿に盛り付け、ごまを振って完成。

ブロッコリーと豆腐のジンジャースープ鍋

ブロッコリーと豆腐のジンジャースープ鍋

材料 (2人分)

ブロッコリー・・・1/2株
絹ごし豆腐・・・・1丁
ショウガ・・・・・1かけ
【A】
水・・・・・・・・800cc
鶏がらスープの素・大さじ2
酒・・・・・・・・大さじ3
みりん・・・・・・大さじ1
塩・・・・・・・・小さじ1
薄口しょうゆ・・・大さじ1
ショウガ汁・・・・大さじ1

作り方

1.ブロッコリーは小株にわけ、茎も硬いところは剥いて短冊に切り、豆腐も食べやすい大きさに切る。
2.鍋に【A】を入れて火にかけ、煮立ったら中火にして豆腐とブロッコリーを入れる。(ここでお好みの野菜や練り物を入れてもOK)
3.再び煮立ってきたら、すり下ろしたショウガをいれて完成。

マヨポンでブロッコリー

マヨポンでブロッコリー

材料 (2人分)

ブロッコリー・・・1/2株
魚肉ソーセージ・・1本
【A】
マヨネーズ・・・・大さじ2
ポン酢・・・・・・大さじ1
一味唐辛子・・・・お好みで

作り方

1.ブロッコリーは小株にわける。
2.魚肉ソーセージは食べやすい大きさに切る。
3.お皿に盛りつけ、ラップをかけて1分40秒加熱する。
4.【A】を合わせて3.にかけて完成。

ブロッコリーのカニあんかけ

ブロッコリーのカニあんかけ

材料 (4人分)

ブロッコリー ・・・2株(約400g)
エノキタケ・・・・・・・・・50g
マッシュルーム(水煮)・・・50g
カニ缶詰(正味)・・・・・・90g
ショウガ・・・・・・・・・・1かけ
サラダ油・・・・・・・・・大さじ1

<A>
・水    (100㏄)
・スープの素(小さじ1)
・醤油   (小さじ1)
・酒    (小さじ2)
・片栗粉  (小さじ1)
・砂糖・塩 (各少々)

作り方

1.ブロッコリーは小房に分けて色よくゆで、皿に盛りつける。
2.エノキタケは根元を落とし、長さを半分に切ってほぐす。ショウガはみじん切り、カニの身はほぐす。
3.<A>を合わせる。
4.フライパンに油を熱し、2.のショウガをサッと炒めてから、2.の残りの材料とマッシュルームを加えて炒める。油がまわったら3.を加え、煮立ったら1.にかける。

ブロッコリーと牛肉のカキ油炒め

ブロッコリーと牛肉のカキ油炒め

材料 (4人分)

ブロッコリー・・・・・大1株(約250g)
牛もも肉(薄切り)・・・・・・180g
ショウガ(みじん切り) ・・・小さじ1
ニンニク(みじん切り) ・・・・・1片

<A>
・酒   (小さじ2)
・醤油  (小さじ1)
・ゴマ油 (小さじ1)
・片栗粉 (大さじ1)

<B>
・カキ油     (大さじ1)
・ 酒      (小さじ2)
・チキンスープの素(小さじ1)
・サラダ油    (大さじ2)

作り方

1.ブロッコリーは小房に分け、太い茎は堅い皮をむいて薄く切る。耐熱皿に並べてラップをかけ、電子レンジに約3分かける。
2.牛もも肉はひと口大に切って<A>の材料をからめておく。
3.フライパンに油を熱し、ショウガとニンニクを炒め、2.を加えて炒める。
4.さらに1.を加えてサッと炒め合わせ、<B>の調味料を加えて混ぜる。

ブロッコリーのホタテあん

ブロッコリーのホタテあん
食物繊維の多いブロッコリーと、低カロリーなホタテの組み合わせ。

材料 (2人分)

ブロッコリー・・・・・1株(200g)
ホタテ貝柱缶詰・・・・小1缶(65g)

<A>
 牛乳・・・・・・・・カップ2/3
 生クリーム・・・・・大さじ2
 塩・・・・・・・・・小さじ1/4
 コショウ・・・・・・少々

片栗粉・・・・・・・・大さじ1/2
水・・・・・・・・・・大さじ1

作り方

1.ブロッコリーは小房に分け、熱湯でゆでます。
2.鍋に<A>とホタテ貝柱を缶汁ごと入れ、沸とう寸前まで温めて、水どき片栗粉でとろみをつけます。1.を入れて、からめます。
ホタテは、フレーク状の安いもので十分です。

ブロッコリーとたこのアヒージョ

ブロッコリーとたこのアヒージョ
オリーブオイルの風味が際立つ人気のバルメニュー。

材料 (3~4人分)

ブロッコリー・・・・・1/2株
ゆでたこの足・・・・・2本
にんにく・・・・・・・1片
赤唐辛子・・・・・・・1/2本
オリーブオイル・・・・1/2カップ
バゲット・・・・・・・適量

作り方

1.ブロッコリーは小房に分け、大きいものは2~4つに切る。
2.たこはひと口大の乱切りにする。
3.にんにくはたたいてつぶす。赤唐辛子は種を除く。
4.小さめのフライパンにオリーブオイル、塩小さじ1/4、1.~3.を入れて弱めの中火をかけ、ゆっくり温める。油から出ている部分は途中上下を返しながら、油がフツフツしてから6~7分加熱して火を通す。
バゲットなどを添え、オイルをつけていただいても美味しいです。
オリーブオイルは風味を損なわないよう、フツフツするくらいの火加減で温めます。